スポンサードリンク

本部師はナイハンチ(ナイファンチ)の型を最も大事な型として、特に晩年はこの型だけを演じてたようです。

そのためにナイハンチ(ナイファンチ)の型以外は知らないのではないかとの誤解を受けたこともあった位です。

ナイハンチ(ナイファンチ)の型は空手道奥義の型

本部師の絶妙ともいえる空手の術理術義は全てが、この型から編み出されたものなのです。

本部師が実戦の時の重要な構えとして「夫婦手」はこのナイハンチ(ナイファンチ)の型の中に伝承されているものであり、本部師の独創のものではありません。

この夫婦手は構えの時だけでなく、実戦における千変万化の動作のさなかでも、常に影の如く連動してこそ、自由な精緻巧妙な攻防の術技が可能となるのです。

ナイハンチ(ナイファンチ)の型第十六動作

本部師の解説は「拳と拳とを図の如く、右脇腹の処に左を上に重ねると同時に、右側面を見る。但し、肩が上がらない様に注意する。これ次の動作の準備なり。」としています。

「次の動作の準備なり」とは、右側面の相手からしてみると右脇腹ががら空きになっているわけですから、そこに攻撃技を仕掛けてくる。

相手が仕掛けてきてから反応するのでなく、相手の攻撃を誘導して相手をとらえている状態でなければなりません。

スポンサードリンク

ナイハンチ(ナイファンチ)の型第十七動作

本部師「重ねたる両手を、姿勢をくずさず左側面に突き出す。これ敵より突き込まれたるを受ける意、いわゆる夫婦手を型化せるたり。」と表現しています。

攻撃相手に対して真半身(90度の入り身)の体勢であることは、すでに相手の二の手を封じる構えであり、実戦の場合、攻撃する手はなるべく相手に近い方が有利であります。

この第十六動作の意味するものが夫婦手と呼ばれています。

両手をどのように使うかというと、前の手は前線にあって攻撃もすれば防御もします。

即ち、突くか、あるいは相手の攻撃を受け外すと同時にすぐ突き出す。

その時、後ろの手は予備としておくが、前の手で間に合わないときには、後ろの手で攻撃あるいは防御もするのです。

このようにして組手に夫婦手を応用してみると、その効果の大きいことがわかるでしょう。

スポンサードリンク