スポンサードリンク

ナイハンチ(ナイファンチ)の型は横一直線上の動きを全てナイハンチ(ナイファンチ)立ちを崩さずに対戦相手に対しては半身の入り身で対応することで常に対戦相手の攻撃を封じる構えになっているのが特徴です。

空手の型 ナイハンチ(ナイファンチ)の戦略

今回の第八動作から第十一動作では、入り身でスキなく右足から間合いを詰めるのに、両足の踏ん張りや蹴りを消すことが大事な事です。

この気配を消した間合いの詰めに対戦相手は、追い込まれて、こちらの仕掛けた隙に反応して技を出してくるので、簡単に防御できるわけです。
そしてそこから、正中線を確保した連続技を力にたよるのでなく、入り身と浮き身で繰り出せるように修練します。

ナイハンチ(ナイファンチ)の型第八動作の重要性

第八動作は半身の入り身で右足を左足の前を浮身で交叉させ左足の左に運び、間を詰める。

体勢は半身の入り身であるが構えが、あえて左拳は左腰に置いたままなのでそこから上位の部分が、隙だらけのまま対戦相手に向かうため相手はその隙だらけのところを攻撃せざるをえなくなってしまうわけです。

すなわち、相手の攻撃を誘導して、次の第九動作で相手の攻撃をかわしていくのです。

ここが非常に重要なポイントでして、相手の攻撃があってから受け技を出すのであれば、相手のスピードある攻撃は防ぐことができません。

しかし、あらかじめ攻撃ヶ所を限定して誘い込むわけですから、簡単に防御が可能となり、防御した瞬間には、次の攻撃が仕掛けられ、常に戦いの主導権を維持できているわけです。

あくまでも受けてから攻撃に転ずるのでなく防御即攻撃の態勢になっていることが重要です。

ナイハンチ(ナイファンチ)の型の対戦相手は?

型のなかでは第八動作は左方向で、続く第九動作が正面を向くため、違う方向からからの攻撃を躱しているように思いがちですが、ナイハンチ(ナイファンチ)の型の対戦相手は一人です。

スポンサードリンク

ナイハンチ(ナイファンチ)の型第十動作

次の第十動作の写真を見てください。

本部朝基師と大塚博紀師の形が違っています。

本部師はこの動作の解説を「右手は下に打ち落し、左手は手先で円を描くが如く外側より上部に打ち上げ、図のごとき姿勢となる。

この型は敵の突っ込み来るをのを右手で下に打ち落す」としています。

それに対して大塚師は、写真では右手が下段払いになっていますが、中間動作として左拳で正中線上を挙げ突きをしてからのこの形になります。

第九動作で防御して、すぐに対戦相手の二の手を封じて正中線を確保してから下段払いとなっています。

ナイハンチ(ナイファンチ)の型第十一動作のポイント

そして第十一動作は本部師の解説は「左拳を以って前面の敵の顔面をなぐるが如く、充分に打ち伸ばすと同時に、右の手首に左肘を乗せる」としています。

大塚師の場合は左拳上段裏打ちから、その手を引き付けながら右手は左肘に添えて左上段懸け受けとしています。

両師とも右手を左肘に添えて左拳で攻撃技を繰り出していますが、ここも非常に大切なポイントです。

この時に両肘を締め、肩を下げることが瞬発力の源泉になるのです。

ここまでの一連の連続技を正中線をしっかりと捉えて入り身や浮身を駆使して力技ではなく、力を抜いた柔の中の剛の瞬発力を創り上げていく重要な部分ですので、是非注意深く入念に練習をしましょう。

スポンサードリンク