スポンサードリンク

■空手の型とは

空手の稽古は、古来、型を中心として行われ、それぞれの型は昔の達人たちが、長い間の修練と貴重な体験によって編み出した、受け、突き、打ち、蹴りの基本技を合理的に構成して、

四方八方に敵を想定して、定められた演武線を前進後退、転身して演舞するものに完成させたのである。

■空手の型はなぜナイハンチからはじめるのか?

ナイハンチの型は基本の立ち方であるナイハンチ立で、その姿勢をくずさず、横一直線上を移動して、攻防の技法を展開するシンプルな型である。
そして、シンプルであるが、武道としての奥義まで達しうる術技が包含されている。

その結果、空手の呼吸法、手、足、腰の空手技法の基本的な土台と、空手をやるうえの空手力がつくられていき、武道精神、丹力が養成されていく。

■生きた型の会得

この型の各動作の隠されているものを理解して、それを体得すべく型稽古をすれば、武道の技が術として動きとして会得できる。

■ナイハンチの型は基本にして極意とは

武道の基本的なものとして、正中線、丹田、上半身の使い方として半身、入り身そして居着かずに体を裁くための「無足の法」など奥義を体得してそれが極意となるわけです。

これらすべてをナイハンチの型稽古で修練をして体得できれば結果として、実戦に使える極意の技に繋がるということではないでしょうか。

スポンサードリンク

■ナイハンチの用意の姿勢

例えば、まず用意の姿勢は、閉足立ちで両手を自然に前で重ねた姿勢となっています。

本部朝基は「下腹部に力を入れ、姿勢を正しく、正面を見る。この構え方は全身力を入れ、護身の意を表せる型なり」と解説しています。

この説明で、具体的にどうするのかわかりますか?

実はここで、正中線と丹田をしっかりと把握できていると本部朝基の解説が身体で理解できるのです。
まずもって、この正中線と丹田が自分のものとなっていないとダメなのです。

この正中線や丹田については、内観や呼吸法などを通して身体の内面に内なるエネルギーを感得して開発しなければなりません。

ただ、単にナイハンチの型を一生懸命に修練しても得られるものではありません。

私は剣術の「輪の太刀】の素振りが一調子で出来るようになって、確かな身体意識として会得できたように思います。

■型の演武線は横一直線

ナイハンチの型は非常にシンプルで、立ち方はナイハンチ立ちだけで、その演武線は横一直線なので外に現れている動作は覚えやすい。

動作と演武の順序は簡単ですぐ覚えられるが、シンプルさゆえ、武術として実戦に本当に使えるのかがわからない。

しかし、「空手の型はナイハンチに始まりナイハンチに終わる」という言葉があるように、昔から空手の名人、達人と言われる人は全てこの型の重要性を説いている。

■型イコール技

ナイハンチの型の各動作は一見非常に単純ではありますが、本来の意味を内面的なものを含めて体感できた時に、その型自体が「生きた型」すなわち武技そのものとして実戦に使える術として体得できてくるのです。

その結果、この型の各動作の隠されているものを理解して、体得すれば、武道の技が術として動きとして会得できナイハンチの型をやればやるほど、心身が変化をして自信と勇気に繋がっていきます。

■どこからはじめたらいいの?

まずは、これから空手を始めてみようと思っている人も、すでに空手を経験しているが伸び悩んでいる人、型と組手は別物と思っている人も、ナイハンチの型を覚えましょう。そして『このシンプルな型のどこに実践に通じるものが隠されているのか」を考えてみてください。

スポンサードリンク