スポンサードリンク

かねてからナイハンチの型は横一直線上での攻防のワザを空手独自のナイハンチ立で繰り広げる非常にシンプルな型でわかり易いこともあって初心者向けの型と思われているようですが信じられないかもしれませんが絶妙な空手の術技術理が型の中に含まれており、ある意味空手道奥義の型と言われてます。

■空手の型 ナイハンチの秘められた術技の解明(三)

今日は、真半身の入り身での横一直線上の移動で、正中線をしっかりとしたものにする動作です。

■「先先の先」の理合い

ナイハンチの横一直線上を真半身の入り身で移動ができるようになることは、「先先の先」の理合いが会得でき、武道の奥義に繋がります。このことが身体をひねらずに真半身で移動する動作の目に見えない身体感性でとらえられるようにする努力が奥義に繋がってくるのです。

■真半身の入り身

交叉立ちから、正中線を維持しつつ浮き身で右足を一歩踏み出して真半身を崩さずにナイハンチ立ちになり、右手を手刀で右方向へ伸ばす。
上図では、それぞれの手刀の形が違っていますが、ここで大事なのは正中線を維持出来ているかどうかです。
武道の奥儀は「先先の先」にありと言われていますが、この動作での真半身の入り身の態勢が取れているかどうかが大事なポイントなのです。
真半身の入り身が体得できれば、相手の二の手が簡単に封じることができ、武道の奥儀の「先先の先」が会得出来たということになります。

■正中線の自覚が意味するもの

そう考えるようになった背景は、正中線は、いくら力があっても出来るものでなく、明らかな身体感覚が研ぎ澄まされて、存在が自覚できてきます。

そして、その正中線でもって相手に向かっていくと、相手は何も手出しができないという状態になります。

スポンサードリンク

■本部師の説明

正中線は実戦において相手を制することのできる武道的身体の基盤として必要不可欠のもので、これが常に保持できることが、すべての基本となって、型が本物となっていくのである。

本部師の説明は「右手を右に伸ばすと同時に、右足を踏み出し、左手は握りながら脇腹に取り、充分、後ろに引く、足は乗馬するがごとく、両脚の外側より中の方へ、力を踏み張る。足のかんかくは45cm位とし、目は敵を正視する。この時、打ち伸ばした右手は、敵の攻撃を受けると同時に突きこみ、そして敵の手を握る意味を含むため、手首より先は裏返すような動作をなすべし。足を踏み出すのは、敵を蹴上げる意味を含む」としています。

■結 論

結論としましては、交叉立ちから、右足を一歩踏み出して真半身を崩さずにナイハンチ立ちになり、右手を手刀で右方向へ伸ばして正中線を維持することです。

その結果、武道的自然体が正中線を基準として常にできるようになる。

あなたのすることは、型の鍛錬で自分自身の身体感性を高めることです。

スポンサードリンク