スポンサードリンク

船越義珍師の空手道二十箇条に「型は正しく、実戦は別もの」という一項があります。

今回解説する動作は、実際に修練を重ねていくと、「組手は型の技と違っても構わない」というような安直な解釈ではなく、やはり型を深く学ぶことによって型の動作の意味することが分かると、型の重要性も違ったものとなってきます。

■空手の型 ナイハンチの秘められた術技の解明(四)

今日は、ナイハンチの型第四動作の肘打ちについて、書いていきます。

これを理解することであなたは、和道流の大塚師の言われた「体全体の力で突くこと。」ができるようになります。

■ナイハンチの型第四動作は肘打ちではない!

お伝えしたいのは、型の動作としては、肘打ちになっていますが、実際は左拳での突きを想定しての動作なのです。

ナイハンチの立ち方を崩さずに伸ばした右腕を引き付けて左肘打ちをしていますが、この時に立ち方を崩さずに下半身は真半身のままの体勢で行うと丹田に力が入り全身の力が正中線に集約されます。

この体捌きで突きを行えば最大限の力の入った突きが出せます。

スポンサードリンク

■体全体の力で突く

この肘打ちの時の身体感覚で、突きを行うと大塚師の言っている『体全体の力で突く』ということが体感できます。

筋力に頼らずに、身体全体が正中線上を入り身になり、最短距離を全身が突きに乗っていくような感覚です。

■本部朝基師の型の説明

本部朝基師は型の説明で「伸ばした手で掴まえて引き寄せると同時に、左肘をもって敵を突く様に図の如く動作をする。

この時、肘は胸部より五寸くらい離し、上体は右向きにして、下体を崩さないように注意すること。」

その上さらに注意するべきこととして
「実戦の場合は、左肘をもって突くのでなく、左拳をもって突くべきものである。型であるから体裁よく肘打ちにしているのである。」と述べています。

■結 論

結論としましては、ナイハンチの立ち方を崩さずに伸ばした右腕を引き付けて左肘打ちをしていますが、この立ち方を崩さずに下半身は真半身のままの体勢で行うことで正中線をしっかり確保した全身力が左肘に集められるようになります。

そこで、この肘打ちのタイミングと体捌きで突きを行えば武器化した最大限の力のある突きになります。

その結果、あなたは、「体全体の力で突くこと。」ができるようになり、武道的身体による基本の突きを会得できるのです。

このように、型の正しい解釈をもとに、型を修練すれば、これが組手にもつながり型から組手へと正しい武道空手が理解できるようになります。

スポンサードリンク