スポンサードリンク

ナイハンチの型は空手の基本として、最初に習うのが通例でした。
(今は平安から始めるところが多いようです)

演武線は横一直線で、シンプルですが、このシンプルさの中に秘されている
奥義を理解し体得することが、今後の空手上達のカギを握っています。

型の解説に使っている写真は、本部朝基師と大塚博紀師のものです。

文字でナイハンチの基本即奥義の真意を伝えるのは、難しいですが、できるだけのことは
伝えたいと思っています。

今日は、ナイハンチの型の用意の姿勢について、書いていきます。

■ナイハンチの型の用意の姿勢から学ぶこと

ナイハンチの用意の姿勢の写真を見てください。

両方の写真とも閉足立ちで姿勢よくただ立っているように見えますが、
これからの文章を読んでからもう一度見直なおしてみてください。

両師範の体格や意識の違いはありますが、「なるほど!」これが
武道的自然体かということがわかると思います。

■ナイハンチの用意の姿勢はただ立っているだけなのか?

本部朝基氏は、この用意の姿勢は、全身力を入れ、護身の意を表す型で、
下腹部に力を入れ姿勢を正しく表面を見る。

このように解説をしていますが、
実は武道的自然体として潜在意識下にある正中線と丹田が自分の支配下に
あってはじめて護身の意を表す型となるのです。

正中線は目に見えない身体の感覚が身体の中心を上下に貫くラインで、
これが身体の中に出来ると、無駄な力を使わずに、バランスの良い姿勢が
自分の意識下にできるため、最大限にカラダをコントロールできる能力が体得できるようになります。

スポンサードリンク

そして、次に丹田ですがこれが下腹にできると、精神的に「肝が据わる」という言葉の
ように物事に動じない平常心につながってきます。

まずはこの正中線と丹田が潜在意識下にできて、初めてこの用意の姿勢が完全なものとなるのです。

■これって実は潜在意識の開発!

正中線と丹田を意識し鍛錬を積むと、動作の初動が筋力を使わずに、
体を緩めることで、相手に気配を感じさせずにできてしまうこと。

■正中線と丹田

正中線は、地球の中心よりの重力とそれに相反する天に向かう直線上に
できる潜在意識下の身体感覚です。

これが捉えられるようになると、肩の力をはじめ無駄な力が抜けて、
正中線を中心に体がバランスよく最も効率よくコントロールできるようになります。

そして、この正中線がしっかりしたものになると、それまで感じられなかった
重力が重力線として意識できるようになります。

この2つの線と丹田との関わり合いで、重力が自分の力として、筋力主体のパワー
からより強大なパワーへと変質するもととなるのです。

■結論

結論としましては、正中線と丹田を鍛えることが、強くなるための必要条件です。

その結果、武道に必要な体捌き、入り身や浮身、それに無足の法といった、
普通ではちょっと考えられない術が可能となる武道体となってきます。

外見上ではただ姿勢よく立っているだけと、簡単に考えてしまうのでなく、
身体の内面をしっかりと感じ、正中線と丹田を意識することから始めましょう。

スポンサードリンク