空手の型とは

今日では空手の競技化が進み、試合制の導入などにより組手重視の傾向にあり、組手で相手にどう勝つかを考えての練習が主力になっていて、型稽古はあまり行われない傾向が強くなっています。

 

そうした組手中心に空手を行っている人の多くは、空手の型って組手に使えないし、何の意味もないと思っている人が多いようです。

 

そして、型の試合も実施され、型の演武それ自体が一つの競技とされるに至っているのです。

 

試合化によって、型の完成度が高まると期待される一方、勝敗を意識して、難易度の高い型を選ぶ、同じ型でもより見栄えのするように演武する弊害なども指摘されているのが現状です。
 

空手の『型』とは何が故にあるのでしょうか?

 
空手の型稽古の目的を「組手技術の向上」としてしまうと、表面的には組手の試合には結びつかないようにみえるので「型稽古不要論」が話題にされるのです。

 

しかし、武道空手の技は、文字や文章で伝授するのでなく「術の世界に存在する動作」が必要とされるのであって、シンプルな力や速さに頼ったスポーツ空手的なものとは全く次元の異なるものと言えます。

 

ただし「次元の異なるもの」というのは確かですが外見上の身体の動作に変わりなんてないのです。

 

そのような次元の異なる世界へ導いてくれるものが「空手の型」と言えるでしょう。

 

この型を術としての動きを究明しないまま日常動作の延長線上で、見た目の身体の動作と、手順だけを同じものと捉えた段階で、その型は形骸化されて、空手の型が本来求めているものではなくなってしまっていることになります。

 

空手の型はこのように身体の動作である以上、日常の動きとは外形は何ら変わらないように見えても、実質的には全く異なる身体の動きを術技によって、難しいことなどまったくしていないように動作するという事を目論んでいるのです。

 

このように修業の出発点において型をどのように捉えるかで、結果もまた大きく異なってしまうのです。

 

従って、先人の残した術理術法そのものに到達し得るか否かは、まさにこの“型”の稽古の方向性次第に掛かっていると言えるのではないでしょうか。

 

武道修業の究極の目的は自然体・平常心を体得する事

 

これは知力や精神論などの机上の空論からはけっして習得できるものとは違います。

 

型の稽古から体を通して得られる認識が、体が自由に動くようになった時、つまり意識的の動きから無意識の動きになってくると、さらにその無意識化の変化が繰り返すなかで、次元が高まり、奥が深くなっていく。

 

そして、相手を想定しての相対的な勝ち負けを意識していた己が、戦わずに勝つということを身につけることによって、自分自身の変化を求める絶対的な方向に変化していくことになります。

 

この絶対的な方向への変化こそ自然体、平常心に向けての一歩であると言ってもいいでしょう。

 

それは正確に伝えられている空手の型で、その基本および技を修得し、「型」から[形]「術」へと稽古を通して次元を高めることによって、それを手にすることが可能となります。

 

型は誰がやっても同一でなければならない不変のものですが、それを修得することによって組手・実戦への変化応用、すなわち「形」「術」という一人ひとり独自の技を創造することができるようになるのです。

 

 

そのことから、不変の「型」のなかに力に頼らない人間の本来持っている潜在力の根源が存在していて、そうした型の稽古を通して、技から術へ、術から理へ、理から道へと、型の声なき声を聴き、術技を司る目に見えない心で無我の境地を獲得することが心技一如による潜在能力の発揮を元とした極意体開発法と言えるのではないでしょうか。

 

 

空手は型に始まり型に終わる

 

空手の型は、徒手空拳で戦う真剣勝負の経験法則から、生まれたものであり、徒手空拳で戦う武術の原点であり、武術者の魂がこめられています。

 

空手は型に始まって型に終るとまでいわれているわけですが、武術は間違いなく技を覚え、技を修練し、技に熟達しなければいけないのです。

 

では、技を知り、技を一生懸命稽古して磨き、技に上達したからといって、実地の場で使えるかといえば、それは簡単に使えるものではありません。

 

使えるようになるためには、つぎの実地の場で適切に技を使いこなす術の段階に進まなければならない。

 

まず型から入り、技をしっかり身につけて組手の稽古をし、組手の稽古をとおして術を体得していく。

 

組手の稽古をしているうちに必ず壁にぶちあたる。

 

ゆきづまりを打破するには、型にかえり、技と術を省みて思念工夫する。

 

型の鍛錬の過程で、必ず技と術において、ハッと気づかせられるところがあり、壁はやぶられて豁然と技と術がひらけてきます。

 

改めて組手を稽古しているうち、また壁にあたる。また型にかえる。豁然として道がひらける。この道程を何度もくりかえすうちに、昨日より今日、今日より明日という次元の高度化が始まるのです。

 

さらに熟達し、高度な技と術を得るためには、拳の理法を体得しなければならないのです。

 

型はこの技と術と理の宝庫ということなんです。

 

型の声なき声を聞き、型の形なき形をみるには、さらに心の世界、即ち道の世界にまでつき進まなければならない。

 

この域では、心のおきどころが重要になってくるのです。

 

「心こそ心迷はす心なれ心に心心ゆるすな」

 

この沢庵禅師の道歌は、勝負においての心構えは、勝負も禅法も同じであり、瞬間においても心がものにとらわれないよう修業しなければならないことを教えています。

 

 

剣禅一致をきわめた山岡鉄舟先生は、剣法とは実地の場に臨んで死生を截断するところのものである、といっていますが空手道の修業もかくあらねばならないのです。

 

 

毎日お経を唱えるように、日常の行として型の稽古をしていく。そして、あるレベルに達すれば、「質」の転換が起こります。

 

その結果、空手は型にはじまって型におわるとさえいわれるのであります。

 

 

 

空手の型から会得する技

 

型を原点とし、最終的には型から解放されて自由になった時、それが真に使える技であり、「術」と言えます。

 

要するに型は実戦に使えてはじめて真の型となるということです。

 

武術の学び方として、まず型を学びます。

 

そして型を通して”外形”つまり姿勢作りからはいります。

 

型をする時は力でやらないようにすることが大切です。

 

型を繰り返しやっていると、だんだんと自分で自分がわかるようになってきます。

 

つまり自分の内面も見えてきて、外の動きと内面的なものが一致してくるようになります。

 

その後組手を通して理合や身体の内と外の一致を身につけます。

 

その次に自由組手があるわけですが、この段階で技が自在に使えてこそ「できる」ということになるわけです。

 

 

まとめ

 

空手の型とは攻防術技の源泉であり、実戦から創出された術技の極意を集積したものと言えます。

 

1.空手の『型』とは何が故にあるのでしょうか?

 

武道修業の究極の目的は自然体・平常心を体得する事

 

2.空手は型に始まり型に終わる

 

3.空手の型から会得する技

 

空手の型は確実に再現性があり、修得度合いの次元の差はあったとしても、体を通して得る認識を大事にしていくことが上達への近道であります。

 

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)については、以下のようなコンテンツも用意しています。

空手の型 ナイファンチは基本にして奥義

空手の型はなぜナイハンチからはじめるのか?

空手の型の基本であり真髄でもあるナイファンチ(ナイハンチ)の型の解明

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)≪その1≫「正中線と丹田」

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)≪その2≫用意から第1~2挙動 遠山の目附け

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第3挙動 真半身の入り身と浮き

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第4挙動と第5挙動「体全体の力で突く」

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第6挙動と第7挙動 攻防一如

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第8挙動~第11挙動 攻防の原理

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第12挙動~第15挙動 波返しと浮き身

空手の型 解説!ナイファンチ(ナイハンチ)第16挙動~第18挙動 夫婦手の解明

 

空手の型や空手の流派の種類などについて関係した記事もご紹介しています。

空手の型の意味するものとは?船越義珍師の「空手道六訓」より学ぶ!

空手の流派の種類!空手の流派って何?空手を始めようとする方‥必見です!

空手の型 平安(ピンアン)は本当に初心者用の型なのか?

空手で学ぶこと!和道流創始者・故大塚博紀名人の武道論

空手とは何か?伝統派の和道流に学ぶ人生不敗の極意!

空手の基本技!その場突きで極意に直結!

空手の型の練習メニュー!術から芸の域に達する型上達の方法?

丹田呼吸法をはじめ横隔膜呼吸なども関係した記事として色々な角度からご紹介していますので参考にしてください。

呼吸法で人生が変わる!だれでも手に入れられるストレス対処法

呼吸法の効果!正しい呼吸の仕組みと働き

呼吸法はストレスと緊張を解放する

不安を解消する呼吸法はストレスを軽減し感情をコントロールする

正しい呼吸法は自律神経を整え病気を予防・治癒する

呼吸法の効果で特筆すべきは集中力と行動力を高めること

横隔膜呼吸とは自然の正しい呼吸ですが成長と共にできない人が多い!

横隔膜呼吸 やり方【その1】 画像と身体意識で呼吸をイメージで体感する

横隔膜呼吸 やり方【その2】おなかの底まで呼吸を通す方法を体得する

横隔膜呼吸 やり方【その3】片鼻呼吸で自律神経を整え心と身体を統合する

丹田呼吸法の効果は横隔膜を活性化して身心を健康強化!

丹田を鍛える効果とは何か?丹田の知られざる秘密・・・

丹田呼吸法は人間を生涯にわたり成長させるための秘法

丹田呼吸法と瞑想!白隠禅師の内観法と軟酥の法は身心修養の秘法

少しでもあなたの悩みに該当するような内容があれば、御覧ください。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。