ストレス解消
 

 
あなたは、ストレスが避けて通れない今の世の中、人間関係にストレスを抱え、不安や不満、体調不良などを抱えて苦しい思いをしているのではありませんか。

 

そんなストレスや不安を解消するのにうってつけなのが武道の「心の技」

 

この武道の心の技のコツを会得すれば心を蝕んでいるストレス症状も難なく解消できるのです。

 

忙しい現代社会でストレスや不安などを払しょくして、あなたらしさを取り戻しイキイキと活躍できることを心から願っています。

 

ストレス解消や不安の解消に最適な武道の「心の技」とは

 

武道の「心の技」とは、自分の生死を賭けた危機に直面しても、緊張せずに平常心で「居着かない」という状態に意識を整えるコツのことです。

 

武道では今という時の前後を、常に断ち切って今という時間にピントを合わせることが必要不可欠なのです。

 

敵と生死を賭け戦っているのに、過去を振り返ったり、未来のことを考えて、相手から目をそらすことは即、命取りという状況です。

 

そのうえ、立ち向かう相手とは、いつ、どう動くかわからない相手です。

 

どう動くかわからない相手とはつまり、今という時間そのものともいえます。

 

その瞬時も停滞することを許されない今にピントを合わせて、いっさいの「思い」を排除し集中することで「居着かない」平常心がそこに現れるのです。

 

こうした臨戦態勢の極点である「居着かない」状態に意識を整えるコツを会得できれば、現代社会の重圧によって、あなたを蝕んでいるストレス症状の大半は即座に解消するはずです。

 

不安の解消は攻めの姿勢で

 

武道では、受け身の姿勢で、相手の攻撃を躱そうとしていると相手の攻撃を躱せるかどうか不安になってきます。

 

その不安感を解消するためには、ただ相手に立ち向かう姿勢となり、先手で攻める気持ちになれば、たちどころに不安感は消えてしまいます。

 

相手の攻撃をうまくかわせるかどうかという受身の状態にとどまって、心が消極的になってしまうといろいろな不安が出てくるのです。

 

積極果敢な心がどんな過酷な状況でも不安などを一切感じないで新しい世界が見えてくるということは不思議というほかありません。

 

武道によるストレス解消 効果

 

人はひとりひとり風貌に違いがあるように、意見や、価値観までもが、完全に異なっています。

 

言うまでもなく、気に入らない相手もいるのだけれど、武道で必要なのは相手を見抜くことであって、相手をジャッジすることではないのです。

 

つまるところ、相手の人格などどうでも構わないのです。

 

武道で敵に回すとされているのは注文の付けられない相手です。

 

自分勝手な相手であっても、ずる賢い相手であったとしても、その相手とどのようにして争うかという事だけが要ということになります。

 

相手がたとえどんな悪党であれ、相手に振り回されて勝負に負けたとすれば、それは自分が未熟だったというだけのことです。

 

すなわち、武道は自己保全のメソッドであり、多かれ少なかれ「期待」であったり「信頼」などは、この場合には、全然通用しない世界なのです。

 

武道とはそもそも、死中に活を求める覚悟ということです。

 

四方全てが敵という状況が正に武道の勝負どころであって、期待や信頼という社会通念が維持される人間関係とは無縁の、酷薄非情の世界のものです。

 

しかしながらこの酷薄非情の世界で負けないためには、相手や周囲の状況に支配されない自立した心、言葉を換えれば「主体性」の確立ができていないと不可能です。

 

加えて、その時の武人の心境は、例えて言うと「八風吹けども動ぜず天辺の月」のような冷静な心で立ち向かうのです。

 

このような心が武道の場合、勝つことを追求しているうちに身につく意識状態であって人格陶冶の結果ではありません。

 

相手や周囲に対して何も期待できないという状況が人を「特別な意識状態」へいざなう実態が、武術の世界には存在していることになります。

 

あなたの日常がそのまま、″戦い″であるということではありません。

 

しかし、人間に期待しすぎるのは裏切られるための準備をしているとも言えます。

 

人間は、自分の都合や自己保全をすべてに優先させるものだと見なしていれば、期待を裏切られアテがはずれていちいち怒る必要はないのです。

 

他人が期待どおりに動かないことでストレス症状を起こすのは人間味がありすぎる結果だともいえるのです。

 

目の前の危機をどうするかに直面するのは常にただ今、この場であり、目の前の敵に対応することのほかに感傷の入り込む隙間などあるはずがありません。

 

いっさいの思いを引きずらず、湧き起こるさまざまな思いに頭を出させず、ただ″今”という時間にのみ立ち向かうのです。

 

これがつまり武道の気構え、心構えであり、ストレスなど入り込む余地のない状況なのです。

 

ストレス解消は簡単!イライラの正体を知れば分かる

 

世論の動向や他の人が自分の思いどおりにはならないことは誰でも分かっていることです。

 

けれども、そのわりには昔も今も、人は性懲りもなく他人や世の中に期待しては、思いどおりにならないことにイライラしたりブチギレたりしまくっています。

 

こんな時、冷静に判断すればこのイライラとは相手の行動に対してのあなたの期待が過剰すぎるためのせいだという事に簡単に気がつけるはずです。

 

ところが人間は、なぜか立ち止まって確認してみる事をしないのです。

 

これというのは何なのでしょうか?

 

べつにとり分けて込みいった事情があるわけではなく、単なる習慣にすぎません。

 

想像する習慣がないというだけのことです。

 

そもそも、人間が周囲に対して抱く「期待」とは何なんでしょうか?

 

ノーベル賞を受賞したアレキシス・カレルは『人間・この未知なるもの』で次のように記しています。

 

調べれば調べるほどわからなくなるのが人間という生き物と言えます。

 

二重人格とか三重人格と呼ばれる人間の人格上の多重構造については昔から知られていました。

 

けれども、他人を批判する時日本で普通に用いられる「下心」とはまた違う、完全に人格が入れ替わる典型的な多重人格の例は欧米ではとくに珍しいことではありません。

 

大脳生理学によると、人の大脳は宇宙の広大な未知の世界を内包しているというのです。

 

誘拐事件などで真面目でおとなしそうな人間が犯人であったりすると、ほとんどの人が、「まさかあの人が……」と絶句したり「信じられない」などと言います。

 

無理もないとは思うものの、しかし人間とは外見で判断できるような単純な生き物ではないのです。

 

社会のモラル、更には一人の人としての良識といったものが人々の日常生活の中で機能していないということではありません。

 

しかし人は切羽詰まったら何でもしてしまうのです。

 

およそ考えつくかぎりの邪悪な事を、それ相当の自覚もしないでやってのけられるのが人間の持つ一面ということになります。

 

そのことを承知していさえすれば、人間が何をしでかそうと、いちいち驚くことはないのです。

 

あなたが周囲に対して抱く「期待」などという心の囚われがなくなると、常に冷静沈着な状態が保たれ、当然のことながら、ストレスを解消することができるようになるのです。

 

武道の達人たちは、日夜、武術の型による技の追求によって、「心の囚われ」を捨て去ることを体得したのです。

 

そこから、古人が明鏡止水と呼んだ、澄みきった鏡の如き心境が出来上がってくるのです。

 

まとめ

 

武道に秘められた「心の技」によればストレス解消や不安の解消は、あなたが思っているほど難しいものではありません。

 

  • ストレス解消や不安の解消に最適な武道の「心の技」とは
  •  

    不安の解消は攻めの姿勢で

     

  • 武道によるストレス解消効果
  •  

  • ストレス解消は簡単!イライラの正体を知れば分かる
  •  

    この武道の心の技のコツを会得して心を蝕んでいるストレスや不安を解消してください。